<<前のページ | 次のページ>>
南西諸島で見られる…
ハシカンボク
ノボタン科
Bredia hirsuta
…………………………………………………………………………………………………

 ノボタン科ハシカンボク属の常緑小低木。漢字では「波志干木」。屋久島、種子島、沖縄本島、石垣島、西表島、与那国島などに分布する。山地の林縁などに生える。高さ30センチ〜1メートル。葉は対生に付き、卵形で先はとがり、基部はやや心形。縁には細かい鋸歯がある。5本または7本の葉脈が目立つ。
 7〜9月に集散花序を出し、直径約1.5センチの淡紅紫色の4花弁を付ける。雄しべの葯は、内向きに曲がった紫色の鎌状。果実は、長さ7ミリの倒円錐形。



屋久島で見かけたハシカンボク。



Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

  
 CONTENTS 
 
   
 
植物記