<<前のページ | 次のページ>>
シダ植物のマメヅタに似る
マメヅタラン
ラン科
Bulbophyllum drymoglossum
…………………………………………………………………………………………………

 ラン科マメヅタラン属の多年草。本州・四国・九州・沖縄の山地に分布。葉がシダ植物のマメヅタに似ているので、この名前がある。葉は常緑で革質。長さ約1センチの倒卵形。根茎は細長く分枝しながら匍匐して岩や木の幹などに着生する。5〜7月に細い花茎の先に淡黄色の花を1個付ける。萼片は長く、唇弁は短い。

 写真は、広島県の某山で撮影したマメヅタラン。岩の表面にびっしりと着生し、地味な花を無数に咲かせていた。少し高い位置にあり、花のアップは難しかったが、何より無事に見つけられただけでも十分にうれしい。



岩に着生するマメヅタラン。



こちらが名前の由来になったシダ植物のマメヅタ。茨城県城里町。確かに葉はよく似ている。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記