<<前のページ | 次のページ>>
深山でよく見かける花
ツバメオモト
ユリ科
Clintonia udensis
…………………………………………………………………………………………………

  北海道と鳥取県−奈良県以北の本州に分布。山地帯〜亜高山帯の林内に生えるユリ科ツバメオモト属の多年草。基準標本産地はシベリア。漢字では「燕万年青」。葉がオモトに似て、果実の色をツバメの頭に見立てたなど、諸説がある。
 根生葉は倒卵状長楕円形で長さ20〜30センチ。柔らかくて厚みがあり、表面には半光沢がある。5〜7月に花茎を立ち上げて、茎頂に白色花を数個付ける。花被片と雄しべは6個あり、花柱の先は3裂する。果実は直径約1センチの液果で濃藍色に熟す。



上高地・明神〜徳沢間で撮影。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記