<<前のページ | 次のページ>>
淡い紅色の花が愛らしい
ヒナスミレ
スミレ科
Viola takedana
…………………………………………………………………………………………………

  北海道〜九州の山地林内に生えるスミレ科スミレ属の多年草。葉は三角状卵形で基部は深い心形。縁には粗い鋸歯があり、裏は紫色を帯びる。4〜5月に淡紅色の花を開く。側弁は無毛か微毛のみ。葉に白斑が入る品種をフイリヒナスミレ(f. variegata )という。

 写真は東京都奥多摩町・鳩ノ巣渓谷の遊歩道沿いで見かけたヒナスミレ。わずか2輪だけ付けた小さな株だったが、マクロレンズでファインダー越しに見ると引き込まれるような美しさがあった。



鳩ノ巣渓谷に咲くヒナスミレ。距の形にも注目。



ヒナスミレの葉。基部は深い心形。縁には粗い鋸歯がある。同じく鳩ノ巣渓谷にて



葉に白斑が入るフイリヒナスミレ。群馬県沼田市の県道沿いに生えていた。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記