<<前のページ | 次のページ>>
葉を亀の甲に見立てた
タチカメバソウ
ムラサキ科
Fritillaria amabilis
…………………………………………………………………………………………………

  北海道と本州の山地の湿った場所に生えるムラサキ科キュウリグサ属の多年草。高さ20〜40センチ。葉は卵形〜広卵形で全縁。細毛に覆われている。葉の形を亀の甲に見立てて「立亀葉草」。5〜6月に枝先に白色または淡青紫色の花を付ける。花冠は5裂し、中心に黄色い付属体がある。
 
 写真は長野県長野市・戸隠高原で撮影したタチカメバソウ。新緑の清々しい林縁に点々と咲いていた。




葉の葉脈が作る形が確かに亀の甲を思わせる。長野市・戸隠高原



花のアップ。広島県庄原市・比婆山


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記