<<前のページ | 次のページ>>
深山の樹上に着生する希少ラン
ヒナチドリ
ラン科
Orchis chidori
…………………………………………………………………………………………………

 ラン科ハクサンチドリ属の多年草。本州静岡県以西と四国に分布。深山の樹上や湿った岩上に着生する。茎の中ほどに1個だけ付く葉は、同属のウチョウランよりも幅が広い。7〜8月、茎頂に総状花序を出し、淡紅紫色の花を数個付ける。背萼片と側花弁はかぶと状に集まり、唇弁は3深裂し、赤紫色の斑紋が入る。また後にのびる距は、次第に先細りなる。漢字では「雛千鳥」。

 写真は、某県某所の渓流沿いの樹上に着生していたヒナチドリである。




:樹上に着生するヒナチドリ(上・中・下3点とも)。上と下の写真は、梯子に登って撮影したもの。


地上から500ミリの望遠レンズで引き寄せ、トリミングした。


花はひとつしか咲いていなかったが、間近で撮影できた株。この花は白に近い。

  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記