<<前のページ | 次のページ>>
花の色が黒っぽいことから
コクラン
ラン科
Liparis nervosa
…………………………………………………………………………………………………

 ラン科クモキリソウ属の多年草。名前は「黒蘭」で、花が黒っぽいことに由来。本州茨城県以西〜九州に分布。常緑樹林内に生える。
 葉は2個出て、、長さ8〜12センチの広楕円形で先がとがる。その間から高さ10〜20センチの花茎をのばし、6〜7月に暗紫色の花を10個前後付ける。背萼片と側花弁は細く、唇弁は倒卵形で反り返る。ずい柱は直立。

 写真は、高速道路インターチェンジのそばの林下に咲くコクラン。初めて見た時の印象は、「ホントに黒いなぁ」。見落としそうなほど、その姿は草むらの中に溶け込んでいた。



:肉眼で花を見ると、この写真以上に黒く見える。



花のアップ。黄色いのは花粉塊。

  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記