<<前のページ | 次のページ>>
広島県で発見された新種
テリハナツノタムラソウ
シソ科
Salvia akiensis
…………………………………………………………………………………………………

 テリハナツノタムラソウは、広島県の太田川支流で見つかり、2009年に報告されたシソ科アキギリ属アキノタムラソウ亜属に属する新種である。葉は3出複葉、もしくは5出複葉でロゼット状に根生し、表面には光沢があり、タジマタムラソウに似ている。一方、外側に多数の長毛がある花冠はナツノタムラソウを思わせるが、ナツノタムラソウのような濃紫色ではなく淡青紫色。また茎には一対の茎葉と下向きの微細な毛があり、断面は四角形。今のところ広島県と島根県で確認されており、広島県の自生地は渓流沿いにあるが、島根県の自生地は丘陵地の林縁や林内とのことだ。

 写真は、ある人から情報提供を受けて撮影したもの。自生地は、徒渉を必要とする渓流の対岸にあり、容易に近づけないのだが、そんな場所でよく見つけたなぁ…と発見者に感心するばかり。そんな環境下に約20株がひっそりと生えていた。




:渓流沿いの草むらの中でひっそりと咲くテリハナツノタムラソウ。花期は6月上旬頃。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記