<<前のページ | 次のページ>>
林床を飾る鮮黄色の花
コキンバイ
バラ科
Geum ternatum
…………………………………………………………………………………………………

  すべてが同属というわけではないが、バラ科には、ミヤマキンバイに代表されるように「○○キンバイ」という名前が付けられた種類がいくつもある。キンバイとは「金梅」と書き、由来の説明は不要だろう。本種もそんな金梅のひとつで、小さな金梅の意。
 本州中部地方以北と北海道に分布。林内の草地など、少し開けた場所に多く、葉は3出複葉。上半分の縁には歯牙状の鋸歯がある。5〜6月に花茎をのはじ、先端に5弁化を水平に開く。直径は約2センチ。
 
 写真は、妙高高原・笹ヶ峰の清水ヶ池付近の林内で見かけたもの。林を抜ける道を歩いていて、付近の林床に黄色い花がたくさん咲いているのに気づいた。なんだろう? 近づいてみたらコキンバイだった。



妙高高原・笹ヶ峰の林床を覆うコキンバイ(上)とその草姿アップ(下)。





Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記