<<前のページ | 次のページ>>
北海道・チロロ林道で見かけた
エゾノキリンソウ
ベンケイソウ科
Sedum aizoon subsp. kamtschaticum
…………………………………………………………………………………………………

  ベンケイソウ科キリンソウ属の多年草。「エゾノ〜」という名前が付いているが、本州や四国にも分布する。海岸や山地の岩壁など、乾いた環境を好む。ほかのキリンソウ属のなかまと同様に多肉質で、茎は斜上し、長楕円形で鋸歯がある葉を対生する。7〜8月に5弁花を多数付ける。
 写真は、日高連峰・北戸蔦別岳登山口に続くチロロ林道で見かけたエゾノキリンソウ。とにかく長〜い未舗装林道にうんざりしていたところ、本種を見かけて気分転換に撮影。付近には、ほかにも数種類の花が見られた。



日高連峰・チロロ林道の岩壁に咲くエゾノキリンソウ。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記