<<前のページ | 次のページ>>
茎の二叉から花茎を立ち上げる
フタマタイチゲ
キンポウゲ科
Anemone dichotoma
…………………………………………………………………………………………………

  キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草だが、北海道の低湿地や湿った草地に分布するので、本州以南の人には馴染みがなく初めて聞く名前かもしれない。茎の上部で分枝して、その又の間から花茎を出して花を1個付ける。花弁のように見える白い萼片は5個あり、その裏側は赤みを帯びる。茎が二叉になるので「二叉一華」。高さは40〜60センチ。花期は6〜7月。
 写真は、霧多布湿原で見かけたフタマタイチゲ。私も初めて見る花だったので、その場で名前はわからなかった。



キンポウゲ科というのは、すぐにわかったが、「これは一体なんだ?」というのが、最初に見た時の印象。それにしても裏側が赤みを帯びた萼片といい、深く切れ込んだ葉といい、なんだか物珍しくて新鮮に映る。北海道浜中町・霧多布湿原


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記