Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
原生花園に咲くレモンイエローの花
エゾキスゲ
ユリ科
Hemerocallis flava var. yezoensis
…………………………………………………………………………………………………

  ユリ科ワスレグサ属の多年草で、北海道の海岸砂丘や草原に生える。高さは50〜80センチで、花茎の先に1個から数個の直径7〜8センチの花を咲かせる。花はレモンイエローで、本州〜九州に分布するユウスゲを連想させる。両種は夕方に開花するところも似ているが、ユウスゲが翌朝には閉じてしまうのに対して、本種は翌日の午後まで開花が続くという違いもある。また分類上は本種がゼンテイカに近いのに対して、ユウスゲはノカンゾウに近いとされ、近縁というわけではない。
 2013年7月、小清水原生花園で初めて本種を見て、ユウスゲのような花が、午前10時頃に咲いている姿が新鮮に映った。



小清水原生花園の草原に咲くエゾキスゲ。
レモンイエローの花が潮風に揺れていた。

  
 CONTENTS