Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
日本で唯一のケシ科ケシ属の花
リシリヒナゲシ
ケシ科
Papaver fauriei
…………………………………………………………………………………………………

 利尻山の岩場や砂礫地のみに生育する利尻山の固有種。ケシ科ケシ属の植物といえば、麻薬の原料となるケシや園芸用に栽培するヒナゲシなどが知られるが、日本ではこのリシリヒナゲシのみ。全体に褐色の剛毛に覆われ、7〜8月に黄色い4弁花を咲かせる。
 利尻山といえば、ほかにボタンキンバイも固有種として知られ、リシリリンドウ、リシリブシなど、名前に利尻と冠した植物も数種ほど知られる。



利尻山に登ったら、ぜひ目にしたい花リシリヒナゲシ


花のアップ(左)。葉(中)と蕾(右)を見るわかるように、全体的に毛が多い。


  
 CONTENTS