Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
フォッサ・マグナ要素の植物のひとつ
ヒメスミレサイシン

スミレ科
Viola yazawana
…………………………………………………………………………………………………

 本州中部地方を南北に走る地溝帯、フォッサ・マグナ周辺にしか見られない植物のことをフォッサ・マグナ要素の植物と呼ぶ。具体的にいえば八ヶ岳、富士山、箱根、伊豆一帯のみに生育するイソギク、フジアザミ、マメザクラ、サンショウバラなどの植物のことで、本種もそのひとつ。
 日本海側に分布するスミレサイシンのなかまにあたり、亜高山帯の針葉樹林下に生え、5月に白い繊細な花を開く。写真にも写っているように、花期には葉は完全には展開しておらず、まだ丸まったまま。個体数は少なく、なかなか目にする機会はない。




純白の花弁に紫色のすじが入る。繊細な容姿は、見ているだけで心が和む