Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
四国や九州の山地草原に生える
ノヒメユリ
ユリ科
Lilium callosum

…………………………………………………………………………………………………

 四国と九州、琉球諸島の山地草原に生えるユリ科ユリ属の多年草。橙赤色の花は、斑紋がないコオニユリやクルマユリといった感じだが、日本産ユリ属の中では最小の直径3〜4センチ。花被片は強く反り返り、下向きに咲く。葉は線形。
 本州や北海道をフィールドにする人にはピンと来ない名前だと思う。かくいう私も北九州市の平尾台で初めて見たとき、名前はまったく思い浮かばなかった。平尾台には普通に見られ、途中、立ち話した地元の登山者の方によると、稀に黄色のノヒメユリもあるという。



平尾台に咲くノヒメユリ。花被片は反り返り、雄しべは下垂する。


  
 CONTENTS