Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>

大間崎に生えるシロヨモギ。バックの青い海は津軽海峡である

海岸に生えるヨモギのなかま
シロヨモギ

キク科
Artemisia stelleriana
……………………………………………………

 北海道と本州北部(茨城県・新潟県以北)の海岸の砂地や岩場などに生えるキク科ヨモギ属の多年草。身近なヨモギも葉の裏には綿毛があり、白っぽく見えるが、本種は全体に白い綿毛に覆われているので「白蓬」と呼ばれる。葉は羽状に裂けて多肉質。8〜10月に直径約1センチの丸い頭花を付ける。
 写真は青森県大間町・大間崎の海岸で見かけたシロヨモギ。津軽海峡の青い海原とは対照的な真っ白い姿が、印象的だった。

  
 CONTENTS