Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
どう見ても試験管ブラシ
サラシナショウマ

キンポウゲ科
Cimicifuga simplex

…………………………………………………………………………………………………

 キンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草。若芽をゆでて水で晒して山菜として食べたことから「晒菜升麻」。北海道〜九州の山地林内に生える。高さは約1メートル前後。葉は2〜3回3出複葉で、小葉は不揃いの鋸歯がある卵形。8〜10月、茎頂に白い穂状の花序を出し、雄しべが目立つ花を多数付つける。果実は長さ1センチの袋果。
 晩夏を代表する山の花のひとつなので、この花があると「夏も終わり」という印象を強くする。群生することもあり、試験管ブラシのような花序が林立する様は、なかなか壮観だ。




8月の栂池自然園に咲く
サラシナショウマ

果実は袋果なので、同じキンポウゲ科トリカブト属の果実にも似ている。長野県松本市・見晴峠
  
 CONTENTS