Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
対になった花序が特徴的
ヒヨクソウ

ゴマノハグサ科
Veronica melissaefolia

…………………………………………………………………………………………………

 ゴマノハグサ科クワガタソウ属の多年草。北海道の西南部と本州、四国の日当たりのよい山地草原に生える。名前は「比翼草」で、茎上部の葉腋から対になって出る長い花序を翼に見立てたものといわれる。茎には軟毛が密生する。葉は卵形で対生し、縁には不揃いの鈍鋸歯がある。花期は6〜7月。淡青紫色の花冠は直径6〜8ミリ。

 昨年夏、気持ちのいい快晴日に伊吹山に登った。その青空にも負けない…というと褒めすぎだが、登山道沿いに咲くさわやかな青い花に気がついた。花を見れば、クワガタソウのなかまというのは一目瞭然。クガイソウ属のような華やかさはないが、左右に花序を精一杯のばして自己主張していた。




左右に花序をのばすヒヨクソウ。
滋賀県伊吹山にて

  
 CONTENTS