Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
湿原や湿地に生える純白のラン
ミズチドリ
(ジャコウチドリ)
ラン科
Platanthera hologlottis

…………………………………………………………………………………………………

 北海道〜九州の湿地や湿原に生えるラン科ツレサギソウ属の多年草。花には芳香があることから別名・ジャコウチドリ。葉は線状披針形で互生。花は白色で側花弁と萼片はともに5ミリ程度だが、後には長さ約1センチの距がのびる。多数の白い花が花序を構成するので、緑色の湿原ではよく目立つ。花期は6〜7月。
 あちこちの湿原で結構出会うので珍しい印象はない。例えばニッコウキスゲが咲く頃に尾瀬ヶ原に行けば、さほど苦労もなく出会うことができるだろう。



クサレダマに混じって咲くミズチドリ。広島県北広島町