Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
アンテナみたいな花弁
コチャルメルソウ

ユキノシタ科
Mitella pauciflora

…………………………………………………………………………………………………

 ユキノシタ科チャルメルソウ属の多年草。チャルメルソウのなかまでは、最も広く分布し、本州〜九州の山地に生える。湿っぽい場所に多い。漢字では「小哨吶草」と書き、果実の形を屋台ラーメンの客寄せに使われる管楽器のチャルメラに見立てた。
 根生葉は5浅裂する広卵形または卵円形で、基部は心形。両面には毛がある。花弁は、羽状に裂けており、まるでアンテナみたいだ。花期は4〜6月。


 
上高地の遊歩道沿い斜面に林立するコチャルメルソウ(左)。アンテナみたいな、ユニークな花(右)。

  
 CONTENTS