Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
山地に生えるラン
ミヤマウズラ

ラン科
Goodyera schiechtendaliana

…………………………………………………………………………………………………

 本州〜九州の山地林内に生えるラン科シュスラン属の多年草。葉の斑紋がウズラの羽根の斑紋に似ることから「深山鶉」と命名されたようだが、深山だけでなく里山にも生えるので、比較的目にしやすいランである。わずかに紅色がかった白色の花は小さく、注意していないと見落としそうである。花期は8〜9月。
 写真は、山口県岩国市の寂地峡遊歩道で見かけたミヤマウズラ。わずかな木漏れ日が降り注ぐだけの薄暗い林内であり、しかも風で揺れて、なかなかピタッと止まってくれない。撮影には結構時間がかかり、しかもブレて失敗したカットも多かった。



 
寂地峡に咲くミヤマウズラ(左)と花のアップ(右)。側花弁には黄褐色の斑紋があり、先は有毛の萼片に密着。また茎は緑白色をしている。

  
 CONTENTS