Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
総苞が黒っぽい
クロトウヒレン

キク科
Saussurea nikoensis 
var. sessiliflora
…………………………………………………………………………………………………

 東北地方南部から中部・北陸地方にかけての亜高山帯〜高山帯の草地に生えるキク科トウヒレン属の多年草。日本固有種。
 7〜9月に開花し、頭花は径約1センチ。総苞は暗紫色で毛が密生し、ほとんど無柄。写真でもわかるように茎にはかなり目立つ翼があるのが特徴である。
 北アルプスでは、よく目にし、写真も北アルプスの種池付近の稜線で撮影したもの。




葉から茎に流れるように続く翼に注目/北アルプス・針ノ木雪渓。


  
 CONTENTS