Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
日本産柑橘類の意外なルーツ
植物雑話9
ナツミカンは、元をたどればたった1本の木

…………………………………………………………………………………………………

 ユズやキンカンは中国原産だが、ウンショウミカン、ナツミカン、ハッサク、イヨカンなどは日本原産の柑橘類。しかし、これらの柑橘類は、もともと日本にあったわけではない。江戸時代〜明治時代にかけて中国地方で発見され、それが広まったものなのだ。日本の野生柑橘類といえば、タチバナ、コウライタチバナ、シーカーシャーの3種だけである。
 ウンショウミカンは、江戸時代初期に鹿児島県で作られた品種だが、一方、ナツミカンは江戸時代中期に山口県で、ハッサクは江戸時代後期に広島県で、またイヨカンは明治時代に山口県で、それぞれ発見された優良品種である。従って最初に発見された原樹があり、それをもとにして広く普及したのである。ちなみにウンショウミカンの温州とは中国の温州のことで、ミカン産地として有名だった温州が原産地のように誤って伝わり、それが定着してしまったようだが、正真正銘、日本で作出されたミカンである。




山口県長門市・青海島の民家の庭先にあるナツミカンの原樹(左)とその解説板(右)