Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
外国で迷惑がられている日本産植物
植物雑話8
日本から外国に行った帰化植物ってないの?


…………………………………………………………………………………………………

 日本で分布を広げた帰化植物(人間の活動によって国外から入ってきて野生化した植物)は枚挙にいとまがない。世界各地からやってきた植物が多数あり、一説には1300種類ともいわれる。帰化植物だけ集めた図鑑もあるほどで、その中にはセイヨウタンポポやヒガンバナなどのように、完全に身近な植物になってしまったものもある。しかも新たに確認される帰化植物もあるので、その種類は増える一方。これは生態系保全の観点からも決して好ましい事態ではない。
 ところで、日本に入ってくる帰化植物ばかり注目されるが、その逆はないのだろうか。実は日本の植物が外国で帰化植物となった例はいくつかある。例えば、シーボルトが持ち帰ったイタドリは、今や欧州各地で大繁殖し、根絶を計るプロジェクトがスタートしたり、かなり迷惑がられている。
 帰化植物といえば繁殖力が旺盛で、やがては在来の植物を駆逐する例も多く、日本の植物はそれに比べて弱い、という印象を持ちがちだが、必ずしもそうともいえないようだ。