Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>

奥秩父・甲武信岳の針葉樹林内に咲くバイカオウレン。5個の小葉が目印

針葉樹林の林床に咲く
バイカオウレン

キンポウゲ科
Coptis quinquefolia

……………………………………………………

 福島県以南の本州と四国に分布し、山地の針葉樹林林床に生えるキンポウゲ科オウレン属の多年草。名前は、梅の花に似ていることから「梅花黄蓮」。ゴカヨウオウレンという別名もある。
 花茎は高さ5〜15センチ。6〜8月にその先端に直径約1.5センチの白色花をひとつ付ける。花弁に見えるのは萼片で、真ん中に5個ある黄色いさじ状の部分が本当の花弁だ。根生葉は小葉5個からなる掌状複葉。

  
 CONTENTS