Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
晩夏の森をひっそりと彩る
サワギク
(ボロギク)
キク科
Senecio nikoensis
…………………………………………………………………………………………………

 8月、山地帯の森を登っていると、登山道沿いにひっそりと咲く本種に出会う。小さな黄色い頭花をまばらに付け、決して華やかさはないが、花が少ない頃にあって貴重な存在である。沢沿いの湿ったところを好むので「沢菊」。別名のボロギクは、冠毛が雨に濡れて集まった様をぼろ切れに見立てた名前だそうだ。また冠毛を白髪に見立てて、属名も老人の意味があるという。ほかのキク科植物でも似たような冠毛をつけるのに、いいたい放題。サワギクがちょっとかわいそうにも思えてくる。
 キク科キオン属の多年草。高さは0.4〜1メートル。葉は羽状に全裂し互生する。6〜8月に枝先に直径約1センチの頭花を多数つける。北海道〜九州に分布。
 












黄色い頭花を多数つけたサワギク/長野県根羽村・茶臼山(左)。冠毛と花/山梨県富士河口湖町・三ツ峠山(下)。