CONTENTS 
 
   
 

Nature
<<前のページ | 次のページ>>
海辺に生えるランに似た花
ウンラン

ゴマノハグサ科
Linaria
 japonica
…………………………………………………………………………………………………

 海辺に生え、蘭のような花を咲かせることから「海蘭」。だがラン科ではなく、ゴマノハグサ科ウンラン属の多年草である。千葉県以北の太平洋沿岸、日本海沿岸、および瀬戸内海沿岸の砂地に生える。全体無毛で緑白色をしており、葉は対生か輪生するが、上部の葉では互生することもある。7〜10月に総状に黄白色の仮面花を数個つける。花冠には距があり、濃黄色をした下唇の基部は大きく盛り上がっている。
 関東でも九十九里浜あたりでも見られるようだが、夏場に海辺に行く機会がほとんどないせいか、本州で見たことはない。写真は、北海道のワッカ原生花園に咲いていたもの。



長い距があり、確かにラン科の花にちょっと似ている。乾燥しやすい砂浜に適応するためか、葉は肉厚

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記