Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

  
 CONTENTS 
 
   
 

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
環境によっては、花がもっと密につくこともあるようで、この写真とは様子が違って見えることがあるかもしれない

秋田県の渓谷で見かけた
チャボゼキショウ

ユリ科
Tofieldia coccinea 
var. kondoi
……………………………………………………

 ユリ科チシマゼキショウ属の多年草。高山に生えるチシマゼキショウの変種で、本州中部地方以北と北海道の山地〜亜高山帯に分布する。別名・アポイゼキショウ。
 7〜8月に花茎をのばして白色の小さな6弁花を円錐状に多数付ける。チシマゼキショウの葯は黄褐色だが、本種の葯は紫色をしている。
 またチシマゼキショウの変種としては、ほかに岩手県一関市・猊鼻渓に生えるゲイビゼキショウ(var. geibiensis )や岩手県岩泉町安家のアッカゼキショウ(var. akkana )などがある。
 写真は、秋田県仙北市の抱返り渓谷の岩壁にへばりつくように咲いていたチャボゼキショウ。やや距離があったので、望遠レンズで撮影した。