<<前のページ | 次のページ>>
樺太島に由来する
カラフトダイコンソウ

バラ科
Geum macrophyllum 
var. sachalinense
…………………………………………………………………………………………………

 バラ科ダイコンソウ属の多年草で、名前は基準標本の採集地がサハリン(樺太)であることに関係するのだろうが、北海道と中部地方以北の本州にも分布している。例えば、上高地でも多くはないが、遊歩道沿いで見かける。高さは60〜90センチ。茎には剛毛があり、花は径1.5センチで、花期は6〜8月。
 同属のオオダイコンソウ(G. aleppicum )に似ているが、オオダイコンソウの托葉は大きな扇形で、縁に鋸歯があるのに対して、本種のそれは小さく、縁に少数の鋸歯があるか、もしくは全縁という違いがある。



上高地の梓川右岸道で見かけたカラフトダイコンソウ

 
カラフトダイコンソウの花(左)。托葉(矢印)は、小さくて、オオダイコンソウほど目立たない。この写真ではわかりにくいか、茎には剛毛が生えている(右)。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記