Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

  
 CONTENTS 
 
   
 

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>

妙義山で見たサビバナナカマド

鉄サビ色の毛に由来
サビバナナカマド

バラ科
Sorbus commixta 
var. ruto-ferruginea
……………………………………………………

 バラ科ナナカマド属の落葉高木。ナナカマドの変種で、本州中部地方以北と四国に分布する。葉は6〜8対の奇数羽状複葉で、小葉はナナカマドよりも小さく、小葉の裏面の中脈に沿って、鉄サビ色の長い軟毛が生えるのが特徴。
 花期は5〜7月。果実は梨果で、ナナカマドと同じく球形で赤熟する。
 ナナカマドのなかまには、ほかにウラジロナナカマド、ミヤマナナカマド、タカネナナカマド、ナンキンナナカマド、アズキナシなどが知られるが、本種の知名度は、おそらく最低だろう。
 左の写真は、9月下旬の妙義山で撮影したもの。奇岩群を見渡す岩場で、赤い果実を実らせたサビバナナカマドに出会った。