Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
岩場に彩りを添える黄色い花
イワキンバイ

バラ科
Potentilla dickinsii

…………………………………………………………………………………………………

 バラ科キジムシロ属の多年草で、北海道〜九州の山地の岩場に生える。葉は通常3個の小葉からなり、花は径約1センチの5弁花。岩と岩のわずかな隙間に生え、6〜7月に黄色い花を咲かせる。同属のなかまには、やはりそっくりな黄色い花を咲かせる種類が多く、山野の草地に生えるキジムシロ、高山植物のミヤマキンバイなど、いろいろある。花は大きさこそ違うが、どれもよく似ているので、生育地と葉の形態で区別するとよい。

 以前、美ヶ原で、イワキンバイを前にして「この花、何だろう。ミヤマキンバイかな?」と話している年輩のご夫婦に出会った。そばを通りかかった折りに名前を尋ねられたので「イワキンバイですよ」と教えてあげたのだが、「イ、イワキンバイ??」という反応。まったく聞いたこともない想定外の名前だったのだろうか。ちょっとおかしかった。



南アルプス深南部・蕎麦粒山林道の岩壁に咲くイワキンバイ。


岩手県/姫神山山頂の岩場に生えるイワキンバイ。

 
果実。9月中旬。神奈川県・丹沢山系行者ヶ岳(左)。花のアップ。秩父・二子山(右)。


  
 CONTENTS