Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
西日本の日本海側に分布する
ボタンネコノメソウ

ユキノシタ科
Chrysosplenium kiotense
…………………………………………………………………………………………………

 ネコノメソウのなかまは、日本各地にさまざまな種類が分布するが、ボタンネコノメソウもその中にひとつ。私が見かけたのは、ガスがかかる春の比婆山系・大膳原でのこと。普段歩くことが多い関東周辺のフィールドでは見たことのないネコノメソウだったので、その場では名前はわからなかった。
 本州・岐阜県以西の日本海側に分布し、山地の湿った場所に生える。黄色い部分は苞で、中心に集まる暗赤褐色の部分は萼。4個の萼裂片に囲まれた中に黄色い葯が見える。花期は4〜5月。
 ネコノメソウのなかまは、どちらかというと地味だし、しかも種類も多いので、余計に名前を覚えにくい。でも花や果実を観察すると結構おもしろいのだ。




比婆山系・大膳原で見かけたボタンネコノメソウ。比婆山系の大半は広島県に属するが、撮影場所は島根県。

  
 CONTENTS