Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
雌阿寒岳などに生える
メアカンフスマ

ナデシコ科
Arenaria merckioides
…………………………………………………………………………………………………

 ナデシコ科タカネツメクサ属の多年草で、北海道の雌阿寒岳や知床山系の高山帯・砂礫地に生える。名前は基準標本の産地・雌阿寒岳に由来。高さは5〜15センチ。花は径約1センチで、茎頂や上部葉腋に1個ずつつく。花期は7〜8月。葉は長さ3〜10ミリの広卵形で、やや厚みがある。
 私が雌阿寒岳に登ったのは1995年。生憎の曇り空に加えて、次第にガスも出て、山旅としては印象が薄いが、見たいと思っていたメアカンフスマには、あっさり遭遇。一応は目的を果たしたが、いつか天気のいい日に再度登ってみたいものだ。



雌阿寒岳の砂礫地に咲くメアカンフスマ

  
 CONTENTS