Nature
植物記
<<前のページ | 次のページ>>
まさに湿原に舞うサギの如く
サギソウ

ラン科
Habenaria radiata
…………………………………………………………………………………………………

 湿原に生えるランといえば、まず挙げられるのがサギソウだろうか。サギソウとはよくいったもので、その姿は羽を広げて飛翔するサギそのもののようだ。ランといえば、盗掘の対象になりやすく、むろんこのサギソウとて例外ではないが、園芸店でも入手しやすく、しかも形態に変異が少ないせいか、それほど悪質な被害というのを聞かない。実際にサギソウが咲く湿地として、国道にサギソウをあしらった大きな看板を出しているところもあるほどだ。
 掲載した写真は徳島県の湿原で撮影したものだが、私が知るだけでも自生地は全国にかなりある。その湿原の名前は知られていても、サギソウが咲くことはあまり知られていない例もある。関東地方のある自生地では、サギソウの開花期間中は監視員が常駐して保護する念の入れよう。そうした努力の甲斐もあってか、ここにサギソウが自生することはほとんど知られていない。



九州の某湿原に群生するサギソウ



まさにサギが羽を広げたような姿である


  
 CONTENTS