Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
花弁は一見すると10個だが
イワツメクサ

ナデシコ科
Stellaria
 nipponica
…………………………………………………………………………………………………

 北アルプスや中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、富士山などの高山帯の砂礫地に生えるナデシコ科ハコベ属の多年草。名前は「岩爪草」。7〜9月、北アルプスなどで繊細な白い花を咲かせているのにしばしば出会う。細長い花弁を数えてみると10個あるが、実は花弁は5個しかない。基部近くまで深く2裂しているために10個あるように見えるのだ。これは同属のハコベやノミノフスマ、ミヤマハコベなどの花でも同じことがいえる。
 北海道・日高山脈などには変種のオオイワツメクサ(var. yezoensis)が分布。本種よりも花や葉が大きい。




ハイマツの下に咲くイワツメクサ。乗鞍岳にて


  
 CONTENTS