Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
まるで糸で作った房飾りのよう
カライトソウ

バラ科
Sanguisorba 
hakusanensis
…………………………………………………………………………………………………

 北アルプスや白山などの亜高山帯〜高山帯に生えるバラ科ワレモコウ属の多年草。7〜9月には長い紅紫色の雄しべが目立つ長さ6〜10センチの花穂を出す。名前は「唐糸草」で、長い花糸を中国の絹糸に見立てたもの。まるで色鮮やかな糸で作った房飾りみたいで、風に揺れる姿には癒されるが、揺れやすいので撮影はしにくい。
 北アルプス・八方尾根にはワレモコウとの雑種・ハッポウワレモコウ、同じく北アルプス・雪倉岳周辺にはタカネトウウチソウとの雑種・ユキクラトウウチソウが知られる。




八方尾根に咲くカライトソウ。



花は花穂の先から基部へと咲いていく。


  
 CONTENTS