Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
花がなければサンショウにそっくり
サンショウバラ

バラ科
Rosa hiryula
…………………………………………………………………………………………………

 富士・箱根地方特産のバラ科バラ属の落葉小高木。フォッサマグナ要素の植物のひとつ。葉がサンショウによく似ており、しかも刺まであるので花がなければサンショウと間違えそう。また箱根に多いことから別名・ハコネバラとも呼ばれ、箱根町の花にも指定されている。世界で最も幹が太くなるバラ。6月に径5〜6センチの淡紅色の花を咲かせるが、1日ほどで散ってしまうという。果実は刺に覆われた扁球形。
 下の写真は箱根湿生花園の仙石原湿原沿いに生えていた本種を撮影したものだが、ほかにも芦ノ湖畔や箱根の山でも見かけた。




仙石原に咲くサンショウバラ。5月下旬〜6月中旬に箱根を訪れれば出会える。



やや紅紫色が濃い花。同じく神奈川県箱根町。



サンショウバラの葉。同じく仙石原湿原。撮影時期は別。


  
 CONTENTS