Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
飾りのように垂れ下がる紅色の花
ベニドウダン

ツツジ科
Enkianthus
 cernuus 
f. rubens
…………………………………………………………………………………………………

 本州近畿地方以西から四国、九州に分布するツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。東日本に広く見られるサラサドウダンにも似ているが、花を見れば違いは一目瞭然。本種の花は全体が紅色もしくは淡紅色だが、サラサドウダンの花は黄色みがかった淡紅白色で、紅色のスジが入っている。
 6年ほど前、琵琶湖西岸にそびえる武奈ヶ岳に登ったことがある。今はないリフトとロープウェイを利用し、八雲ヶ原湿原を経て山頂を踏んだあとコヤマノ岳から中峠、金糞峠を越えてイン谷口へ下山した。このとき山頂周辺の登山道沿いには満開となったベニドウダンが多かった。鮮やかな紅色の花が、まるで飾りのように枝先に彩りを添えていた。
 ドウダンとは灯台と書くようだが、図鑑の中には満天星とするものも見られる。後者の説があるのは知らなかったが、枝にたくさん咲く花の様子を満天の星に見立てたんだろう。
 なお、白い花をつけるものは、シロドウダン(E. cernuus)と呼ばれる。




武奈ヶ岳で見かけたベニドウダン(上下ともに)。




  
 CONTENTS