Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
晩夏〜初秋を代表する高山植物
トウヤクリンドウ

リンドウ科
Gentiana
 algida
…………………………………………………………………………………………………

 トウヤクリンドウはリンドウ科リンドウ属の多年草で、北海道〜中部地方の高山砂礫地に生える。名前は「当薬竜胆」で、もともと当薬とはセンブリの茎根を乾燥したもののことだが、本種の根も薬用にするところから命名されたらしい。8月中旬以降、北アルプスを歩くと淡黄色の花をつけた姿によく出会う。花冠は長さ約4センチで浅く5裂し、黒緑色の斑点がある。晩夏〜初秋に咲く高山植物の代表選手で、この花が咲き始めると山にも秋が足音をたてて近づいてくる。
 ところで大雪山には品種のクモイリンドウ(f. igarashii)がある。本種よりも草丈は小さいが花は大きい違いがある。しかし品種として分けない見解もあるようだ。



北アルプス・岩小屋沢岳に咲くトウヤクリンドウ


8月中旬、北アルプス・白馬岳で撮影した花のアップ


  
 CONTENTS