Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
早池峰山の固有種
ナンブトラノオ

タデ科
Polygonum hayachinense
…………………………………………………………………………………………………

 岩手県の早池峰山というば、ハヤチネウスユキソウやヒメコザクラに代表されるように固有種がいくつもあって植物好きにはたまらない山だが、このナンブトラノオもそのひとつだ。ナンブとは南部地方のことで、ほかにも同じく早池峰山の固有種・ナンブトウウチソウの名前にも冠されている。学名の種小名はまさに早池峰山に因んだもの。
 北海道から九州まで広く分布するイブキトラノオと同じくタデ科タデ属のなかまだが、花穂は太くて短いなどの違いがある。早池峰山の蛇紋岩礫地に生え、7〜8月頃にコメガモリ沢登山道をたどればほぼ確実に見ることができるだろう。



早池峰山・コメガモリ沢コースに咲くナンブトラノオ。



ナンブトラノオの花穂。花の色は淡紅色、雄しべは10本ある。

  
 CONTENTS