Nature
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
果実がゴマに似ている
イヌゴマ

シソ科
Stachys japonica 
var. intermedia
…………………………………………………………………………………………………

 イヌゴマは「犬胡麻」と書く。果実がゴマに似ているが、利用できないことから犬が付いた。植物名には利用できないものに犬を付けることが多く、これもその一例。考えてみれば、そう名付けられる植物にも、犬にも失礼な話だ。
 北海道〜九州の湿地などに生えるシソ科イヌゴマ属の多年草。7〜9月に淡紅色の唇形花を数段輪生し、葉は対生。葉の裏面の中脈上には毛があってざらつくほか、茎にも下向きの刺がある。
 イヌゴマは忘れた頃に出会う植物のひとつ。これまでもいろいろな場所で見かけた。中でも最も多く咲いていたのは初秋の入笠湿原(長野県富士見町)。湿原の一角にびっしりと咲いていた。ただ如何せん、花が小さいので群生としての見栄えはいまひとつだった…。



晩夏の三ツ峠に咲くイヌゴマ。



花のアップ。長野県・霧ヶ峰。