<<前のページ 次のページ>>
岩場や砂礫地に紫色の花がさわやか
チシマギキョウとイワギキョウ

キキョウ科

Campanula chamissonis
Campanula lasiocarpa
…………………………………………………………………………………………………

 どちらも北アルプスなどの岩場や砂礫地に生えるキキョウ科ホタルブクロ属の多年草。よく似ているが、一番わかりやすい違いはチシマギキョウの花冠には長毛があるが、イワギキョウは無毛という点。またチシマギキョウの萼片は全縁だが、イワギキョウのそれには鋸歯がある違いのほか、葉の縁、花冠の向きなども異なる。7月下旬〜8月下旬、さわやかな紫色の花を咲かせる。なお八ヶ岳には花があまり開かないチシマギキョウが多いという。



北アルプス・燕岳の砂礫地に咲くチシマギキョウ。


 
花冠裂片に長い毛が目立つチシマギキョウ。写真は花冠が天を向いているように見えるが、真上から撮影したためにそう見えるだけ。北アルプス・白馬岳(左)。花冠に毛がないイワギキョウ。北海道・羅臼岳(右)。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記