Nature
<<前のページ | 次のページ>>
葉を透かすと見えてくる
ミカン科の油点

ミカン科
…………………………………………………………………………………………………
 植物が分泌物を溜めた袋状の細胞間隙のことを分泌嚢と呼ぶが、油滴を含むものを油点、あるいは油嚢という。ミカン科やオトギリソウ科などにあり、特に葉を透かしてみると、明るい点となって見えるので、その存在は一目瞭然だ。
 

ミカン科の葉の油点2例。夏ミカンの葉を透過光で見た写真。黄色い点々が無数にあるが、これが油点で、よく見ると葉の主脈や側脈上にも点在していることがわかる(上)。同じくダイダイの葉に見られる白い油点(下)
  
 CONTENTS 
 
   
 

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記