Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ 次のページ>>
絞め殺し植物ともいわれる
ガジュマル

クワ科
Ficus retusa
…………………………………………………………………………………………………

 ガジュマルは熱帯〜亜熱帯に分布する常緑高木で、日本では屋久島〜沖縄に生える。高さは10〜20メートルほどになり、枝から多数の気根を出す独特の姿をしている。ガジュマルの森に入ると、異様な雰囲気があり、沖縄では古いガジュマルにはキジムナーと呼ばれる木の精霊が宿っているとする伝承がある。確かに何かがいてもおかしくなさそう。
 同じクワ科のアコウとともに「絞め殺し植物」といわれる。ほかの木に絡みつき、やがて覆い尽くして枯らしてしまうからだ。
 イチジク属なので、イチジクと同様に花は径7ミリ〜1センチの「花のう」。果実は熟すると黒紫色になる。



屋久島のガジュマルの森。気根が絡み合い、異様な雰囲気だ。


  
 CONTENTS