Nature
犬連れ登山に関しての質問・嫌がらせメールについて

 私が批判している犬連れ登山に関して、犬連れ登山者から嫌がらせ半分の間抜けな質問等のメールを稀に頂くことがあります。念のために申し上げておくと、これまで私が議論した中で、犬連れ登山者の質問に困ったことは一度もなく、逆に犬連れ登山者が私の質問に答えられずに議論が幕引きになることばかりでした。京都大学大学院(理系)を出たという犬連れ登山者と議論したこともありますが、私のわずか1回の反論に対して再度反論することができず、あっさり私の主張の大部分が正しいことを認めてしまいました。議論に何の関係もない学歴を、聞かれてもいないのに自慢そうにひけらかすのも程度が知れますが、でも正しいところは認めたので、犬連れ登山者としてはマシなほうです。
 そもそも科学の素養の欠けらもない犬連れ登山者の意見など、バカ丸出しなものばかりで、ゴミみたいなものですが、それでも議論したいという方には相手します。ただ、犬連れ登山者というのは、ほぼ全員、自分の方から議論をふっておきながら議論に負けそうになると、先ほどまでの食いつきがウソのように、急に無理矢理、議論を終わらせようとする卑怯者ばかりです。

 しかも、こちらは実名を出しているのですから、反論するのなら、きちんと実名を名乗るべきで、ハンドルネームという匿名の影に隠れないと意見を主張できないのは所詮、チキン野郎という証拠にほかなりません。

 従って議論されたい方は、居住地の都道府県名、実名を名乗った上でメールしてください。すでに記事の中で説明しているにも関わらず、同じ内容の質問される人もいますが、そういうのは私の手間が増えるだけで大いに迷惑なので、記事をよく読み、私の主張もしっかり把握した上で、質問の要点をよく整理してからにしてください。長文になる場合は、あらかじめその旨連絡をして私の了承を得てからにしてください。返信は、なるべくすぐに行うようにしますが、多忙期は遅れることもあります。
 またメールの議論は、後日、本サイトであなたの居住都道府県名・実名とともに、そのまますべて掲載させていただきます。犬連れ登山者というのは、メールという場では、自分が公平な姿勢であることを強調したがりますが、それなのにその議論をオープンにするのは拒否される不思議な人が多いんです。なぜ、オープンにするのがイヤなのでしょうか。答えは、簡単です。別に公平でもなんでもなく、健全な議論ができるわけでもなく、頭がカラッポなのがモロバレのおバカな質問をしているのを第3者に知られたくないし、論破された格好悪い姿も見せたくないのに加えて、「野生動物がどうなろうと、犬連れ登山を続けたい」という自分の欲求を守ることしか考えられない自己チュー・ゴミ野郎だからです。

 なお、犬連れ登山者以外の方による真摯な質問であれば、上記の限りではありません。そういう方のメールまで公開するつもりはありませんので、お気軽にどうぞ。ただ、なるべく記事を読んで、それでもわからないことだけにして下さいね。



          問い合わせのページに戻る