<<前のページ | 次のページ>>
北海道・道東地方に分布する
シコタンタンポポ
キク科
Taraxacum shikotanense
…………………………………………………………………………………………………

 名前は、北方四島の色丹島に由来し、北海道道東地方の海岸の草地などに生えるキク科タンポポ属の多年草。セイヨウタンホポと比べると、やや花色が濃く、直径も約5センチほどと少し大きい。総苞片は下に向けて反り返らず、外片は白く縁取りされ、黒い角状突起がある。開花は6〜7月。写真は浜中町の霧多布岬で見かけたシコタンタンポポ。



霧多布岬の遊歩道沿いに咲くシコタンポポ。すでに冠毛を開いている株もあった。左下に写っている反り返らない総片に注目。白い縁取りと角状突起が特徴。


  
 CONTENTS 
 
   
 

Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記