Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
サギソウとは別属
オオヤマサギソウ

ラン科
Platanthera sachalinensis

…………………………………………………………………………………………………

 北海道〜九州の山地林内に生えるラン科ツレサギソウ属の多年草。ツレサギソウ属には、淡緑色の地味な花をつけるホソバノキソチドリやコバノトンボソウなどが属するが、本種も例外ではない。ただ、同属のなかまよりも草丈が高く、写真のように花が白っぽい個体もあるので、やや目につきやすい感がある。
 高さは40〜60センチ。側花弁、唇弁、背萼片、側萼片はそれぞれ3ミリ程度で、後には長さ1.5〜2センチにもなる距が突き出す。名前は「大山鷺草」だが、サギソウに近縁というわけではない。


 
青森県十和田市・八甲田山の大谷地で見かけたオオヤマサギソウ(左)と花のアップ(右)。

 
  
 CONTENTS