Nature

一種一種、植物を取り上げて、その植物にまつわる話題を写真とともに紹介します。

なお営利目的はもちろん、個人的な利用も含めて、本ページ写真の無断使用はご遠慮下さい。

植物記
<<前のページ | 次のページ>>
山菜としても利用される
スミレサイシン

スミレ科
Viola vaginata

…………………………………………………………………………………………………

 スミレ科スミレサイシン属の多年草。名前は、葉がウスバサイシンの葉に似ていることから「菫細辛」。花茎や地下茎が細くて辛いわけではない。主に本州日本海側の多雪地帯に生えるが、北海道と少し離れた徳島県にも分布する。4〜5月、ブナ林が萌葱色に染まる頃、林床に咲く本種を見かける機会は多い。
 若芽や花は山菜として利用できるほか、肥大した地下茎をすりおろして食用にされることもある。
 一方、太平洋側には本種に似ていて葉が細いナガバノスミレサイシン(V. biseeti )が分布する。


秋田県の鳥海山麓のブナ林で見かけたスミレサイシン。この株の葉はよく開いているが、花期の頃には基部の方が丸まって完全に展開していないことの方が多いようだ

 
多くの節があり肥大化した地下茎(左)。天子山塊・長者ヶ岳に咲くナガバノスミレサイシン(右)


  
 CONTENTS