Nature

CONTENTS
 
  
 
<<前のページ | 次のページ>>
私の金縛り体験

 金縛りにあったのは、これまで2度だけ。寝ていて、ふと気づくと体が動かず、何かが自分の体の上に馬乗りになる体験だったが、私の場合は大脳の生理的なしくみと関係があるものであって、霊的なものではないと思っている。もちろん、霊的な金縛りというものも存在するのかもしれないが。
 2度の体験をしたときは、どちらも昼寝をした日の夜のことで睡眠過剰状態にあり、金縛りにあう前に強い耳鳴りがした。当時、勤務していた会社の同僚が、やはり寝過ぎた時に耳鳴りがして金縛りになったという体験談をしていたが、それを聞いて私と同じだなと思った。偶然かも知れないが、寝過ぎると金縛りになりやすい身体の状況を作り出す、何らかの生理的なしくみがあるのではないか。
 ただ、何かが私の上に乗ってきた体験は妙にリアルだった。足の方から次第に上へ上へと体重をかけられ、苦しい、何とかしなければ、という思いはあるのだが、全然身体が動かない。そんな体験だった。その後、すでに10年以上経過しているが、金縛り体験はゼロである。
 また金縛りではないが、妙な夢を見たことがある。それは幽体離脱をしかけるという夢である。真っ暗な中、自分は両手で頭上の何かにつまかっているのだが、頭の方から真横に、恐ろしく強い風のような何かの流れのようなものがあり、まるではためく旗のようにバタバタと身体が上下して、飛ばされそうになる夢なのだ。意識の中では、これに飛ばされたら身体に戻れないという危機感がなぜかあって必死に我慢していた、というもの。妙な夢だった。

<<前のページ | 次のページ>>
不
思
議
な
話

山を舞台にした話じゃないけど、私がこれまでに体験したことや聞いた話をご紹介したい。