Nature

目次のページへ

作る!

実家に埋設したタイムカプセルその2

File No.0014

 大学生だった1985年9月に実家の庭に埋設したタイムカプセル。小学生の時にも埋設しているから、これはふたつ目のタイムカプセルにあたる。だから「その2」というわけ。厳密には「作った」わけじゃなくて組み合わせただけだが、取り上げてみた。ちょうど実家で昔使っていた大型のジャー(魔法瓶のような保温容器)を捨てるというので、それをもらい受けてタイムカプセルの容器にした。
 中に入れたのは、下の写真にあるようなもの。今にして思えば、もう少し入れるものを厳選するべきだったようにも感じるが、カップめん、インスタント味噌汁、缶詰、レトルトカレー、使い捨てカイロ、写真、新聞紙、のり、練り歯磨き、カセットテープ、植物の種子などをひとつひとつビニール袋に包んで、埋設物リストと一緒に容器に入れた。二重構造のフタも丁寧に接着し水が入らないようにし、さらにビニールで梱包して埋めた。埋設場所はあとでわかりやすいように倉庫入口の前に決め、穴を掘ってカプセルを入れたところも撮影しておいた。だから今でも掘り出そうと思えば、ほぼ正確な埋設位置を特定できる。
 埋設してから今年2007年で22年目。どうなっているか見てみたいような気もするが、一方でレトルトカレーとかは、あまり見たくないような…。もしかすると結露して容器が錆びて、中に水が入ったりして傷んでいる可能性もある。ただ、どちらにしてもまだ掘り出してみる予定はない。あと10年以上はこのままにしておこうと思う。

タイムカプセルと、その中に入れたもの。